Topics

2021.10.01

人気サロンの入社試験を突破した先輩に直撃!『cachecache』編

―入社してからサロンに対する印象は変わりましたか?

藤田「意外となかったです。人はずっといいし。睡眠時間は想定内だったし……練習もこんな感じかなあと思った通りだったし」

―どんな働き方をしていますか?

藤田「平日は10:20までに、土日は9:20までに出社して、営業が終わったら毎日練習です。強制ではなくて個人に任されています。でも毎日やっている人が多いですね……帰りは11時を回ることが多いです」

―2年目になりますが、順調ですか?

藤田「そうですね(笑)」

―得意不得意はありますか?

藤田「全部初めてやることなので、なにが得意か不得意かはわからないです。今は習ったことをそのままやっていて、まだ応用段階ではないし」

上野「僕は不器用なので、全部壁にぶち当たってますね。今はカットですが、時間がかかってます」

―実際に働き始めて美容師の仕事の印象は変わりましたか?

上野「そんなに変わってないです。美容学生の頃から厳しい仕事であること、離職率も高いってめちゃめちゃ聞かされていたので、厳しさの覚悟はありました。睡眠時間も含めて。でも慣れてもくるし、やれそうだなとは思っています」

藤田「最初は緊張しましたけど、でも楽しい方が勝っていますね」

―どういうところが楽しいんですか?

藤田「まだ自分でお客さんをできているわけではないので、技術がどうとかではないんですが、お客様との話も楽しいし。お店はアシスタント指名もできるので、そんなときの世間話も楽しいし」

ー学生の頃、もっとこういうことやっとけばよかったな、と思うことはありますか?

藤田「インスタグラムですかね。フォロワー数は伸ばしておけばよかったなと思っています。少ないから内定が出ないってわけではないんですが、自分がモデルさんを呼ぶにあたってとか、やっぱり見られますし」

上野「僕もインスタですね。インスタで集客するのが当たり前になっていますし、もっと力入れればよかったなと思います。見やすくするとか」

―逆にやっていてよかったと思うことは?

藤田「それもインスタですね。フォロワーは学生のときで1000くらい。今2800くらいに増えましたけど、もっと増やしたい。バズりたいと思います(笑)」

上野「僕はカラー施術です。施術を通しての接客の仕方とかを実際に学べました。2年間やっていたので、それはよかったなと思います。バイト代は大体カラー剤に消えていきましたけど(笑)」

―会社に入って印象に残っていることは?

藤田「丁寧さは、よくいわれます。とにかく丁寧に、丁寧にと」

上野「最近ワタルさんにもいわれるんですが、信頼が大事だと。スタッフ同士でも、お客様とも。それがお店自体のリピートにつながるし、お客様を第一に考えて信頼を築くことが大事だよといわれます」

―どんな美容師になりたいですか? 昔と変わりましたか?

藤田「変わっていないんですが、昔より深く具体的になりました。何度も来てくれるモデルさんがいるんですが、飽きて欲しくない、飽きさせない美容師になりたいなと思っています。技術を磨いて、接客も、新しい提案をして。生涯ついてきてくれるお客様を作る美容師になりたいと思っています」

上野「お客様それぞれ考え方や大小悩みはあると思うのですが、それによりそえるような。きれいにする技術は当然として「僕とお話しも楽しくできてきれいになれたから、明日からもまた頑張れる」と前向きにお客さんを送り出してあげられる美容師になりたいと思います。それとワタルさんは越えたいなと思いますね、ここにいる以上」

―ベルエポックはどんな学校でしたか?

藤田「楽しかったです。なんでもありでした(笑)。場所が原宿なので、いろんな有名なサロンが授業をしに来てくださったのはよかったです。自分から行かなくてもいいし」

上野「福岡校でも現役の美容師さんが来て話してくれるところとかはよかったですね。それと他の学校の人と話してて違うなと思ったのは、休日にも教室を貸してくれて、カラーとかさせてもらってありがたかったです。そういう場所はなかったし。実は入るまでは他の学校志望だったんですが、ガイダンスで授業内容を聞いて、こっちがいいかなと思って方向転換したんですよ。結果的によかったです」

TO TOP