Topics

2022.02.01

「美容師免許プラン」から社会へ出た先輩インタビュー

―通信コースということは自宅で学ぶのですか?

reina「いえ。いわゆる通信の、教材が送られてきて自分で頑張ってというのではなくて、学校で週に一日授業があって、春夏には登校してスクーリングがありました。春休みと夏休みに2週間くらいずつ。週一の授業では実技をやって、スクーリングでは座学の勉強をしました」

―トータルビューティ科にも通ってるんですよね? どういうスケジュールになるんですか?

reina「もともとトーラルビューティ科は週四日で授業が組まれているので、残りの一日が美容師免許プランの日になっているんです。ですから週五日間の通学をしていました」

―その週一回の授業は

reina「朝から夕方までやります」

―その後トータルビューティ科の学生としては学校を卒業しますよね? そのあとはどうしてたんですか?

reina「美容室でアルバイトしながら、週一回学校に通っていました。バイト先のサロンは東ベルの美容師実践科の学科の方に紹介していただきました」

―どんな生活になったんですか?

reina「週一回で学校で、アルバイトは週四日。土日と平日2日です。でも最後の方は週五日とか入ってましたね」

―どんな仕事をしていましたか?

reina「普通にアシスタント業務です。掃除、シャンプーとか。10時開店なので9:30に行って、19時閉店です。終わってから練習して」

―勉強とバイトの両立は大変でしたか?

reina「はじめはまだ学生気分があったんですが、働いていくうちにぬけていきました。けっこうサロンに入らせてもらっていたので。バイトだけど社会人というか。バリバリ働いていたし」

―一つ年下のクラスメイトとはうまくやれたんですか?

reina「わりとは大丈夫でした。学スタをやっていた頃に知り合った子もいたし、自分も溶け込める方だったので、仲良くやっていました」

TO TOP